宇部テックラボ合同会社では「インサイドサポート事業」と、「携帯FLASH事業」で地域提携企業の繁栄と活性化を目指します

宇部テックラボ設立の目的

株式会社 ユーティックス (代表 児玉英治) のご支援で、2009 年 6 月に私どもは 宇部テックラボ合同会社を設立いたしました。
設立の目的は、東京をはじめとする大都市圏のビジネスが、地域のさまざまな経営資源と連携することで、地位経済の活性化につながるような、新しい産業構造を創出することです。

事業内容について

インサイドサポート事業
山口県宇部市にある各種の高等教育機関、システム会社、企業退職者には、優れた知識と技術を持つ有為な人材が多く、宇部テックラボでは、そのような人材のリスト化を図ります。その上で、実際の法人システム部門との連携により、 当該部門の開発コスト、サポートコストの低減 を実現します。
また、宇部テックラボでサポート業務に従事した人材は、担当企業にとって社外でありながら事業推進上極めて大切な存在となり、宇部テックラボから法人への実際の雇用創出につながることも期待できます。
モバイル FLASH 事業
従来のモバイルサイトよりはるかに見栄えの良いFLASH 技術を活用したモバイルサイトを、低コストで提供するサービスを「Eco Flash」の名前で展開いたします。PC 並みの操作性と、利便性があり、導入されたお客様のビジネス、情報発信に画期的な効果をもたらすことができます。 導入されたお客様にとっては、大変経済的なサービスになると思われます。本サービスは、大阪大学で開発された基礎技術をベースに、宇部テックラボに集まる技術者がサポート業務に当たりますので、システムの信頼性・サポート力・スピード対応には絶対の自信があります。
ライブ動画配信事業
インターネット動画配信サービスを利用して、地域の魅力を発信していく事業を手掛けています。 これまで、放送局に高額な放送料を支払わなければ実現できなかったライブ動画中継が、 パソコンとインターネットを使って安価で実現できるようになりました。 弊社では、セミナーやイベントの中継、企業の商品PR、オリジナル番組番組制作など、 いろいろなシーンから人の息吹が伝わるライブ情報を提供します。

【配信実績】

The 24th UBE Biennale Model Exhibition


クラウドコンピューティングセミナー in 山口


うべ探検博覧会2010 フィナーレ


今後の事業拡大

宇部テックラボは、以上の IT 事業をベースにスタートし、今後は IT 事業だけでなく、地域経済を構成する農業、水産業、医療・介護のビジネスなどに、IT 技術を通じて参画していくことを目指します。それによって、宇部という地域の社会インフラ(人材、学校、電気、水道、港湾、空港など)を積極的に活用し、大都市圏の強力な連携を図ることで、 「地域再生」のモデル事業の構築 = 産業革命 を実現していきたいと考えています。